野崎優樹

Japanese | English

神戸で暮らす大学教員のウェブページ

ホーム > リンク

日本の研究者

古見文一さん(静岡大学 講師)
心の理論・マインドリーディング・ロールプレイを中心として、発達心理学・認知心理学の視点から研究されています。

荻原祐二さん(東京理科大学 助教)
社会・文化環境が人々の心理・行動傾向に及ぼす影響について,社会心理学・文化心理学・社会学の視点から研究されてます。

後藤崇志さん(滋賀県立大学 助教)
自己制御・動機づけを中心として、社会心理学・教育心理学・認知心理学の観点を取り入れて研究されています。

日道俊之さん(高知工科大学 講師)
共感を中心として、心理実験に加え、神経科学・生物学的方法(遺伝子多型・神経伝達物質)を組み合わせて研究されています。

梶村昇吾さん(京都工芸繊維大学 テニュアトラック助教(卓越研究員枠))
マインドワンダリングを中心として、心理実験に加え、fMRIやtDCSなどの神経科学的手法を用いて研究されています。

橋本京子さん(関西学院大学文学研究科 日本学術振興会特別研究員RPD)
ポジティブ志向・ウェルビーイングなどをテーマとして、ポジティブ心理学の視点から研究されています。

海外の研究者

Prof. Moira Mikolajczak (Universite catholique de Louvain)
日本学術振興会海外特別研究員時代の受け入れ教員でした。情動知能・情動調整・健康・オキシトシンなどをテーマとして研究されています。

カテゴリ

ページのトップへ戻る