野崎優樹

Japanese | English

神戸で暮らす大学教員のウェブページ

ホーム > 研究業績 > 論文

学位論文

  • 野崎優樹 (2016). 情動コンピテンスの成長と機能に対する社会的認知理論からのアプローチ. 京都大学大学院教育学研究科博士論文.
  • 野崎優樹 (2013). 情動知能が社会的排斥経験後の報復行動に及ぼす影響. 京都大学大学院教育学研究科修士論文 (未公刊).
  • 野崎優樹 (2011). 自己領域と他者領域の区別に基づいたレジリエンス及びストレス経験からの成長が情動知能に及ぼす影響. 京都大学教育学部卒業論文 (未公刊).

学術論文(日本語・査読あり)

  • 野崎優樹・子安増生 (2016). 非専門家から見た多重知能理論内での情動コンピテンスの位置づけ. 心理学研究, 86 (6), 555–565. [J-STAGE]
  • 子安増生・野崎優樹 (2016). 人口学リテラシー尺度の開発と分析. 京都大学大学院教育学研究科紀要, 62, 57-77. [LINK]
  • 野崎優樹・子安増生 (2015). 情動コンピテンスプロフィール日本語短縮版の作成. 心理学研究, 86 (2), 160-169. [J-STAGE]
  • 野崎優樹 (2015). 情動知能と情動コンピテンスの概念上の差異に関する考察. 京都大学大学院教育学研究科紀要, 61, 271-283. [LINK]
  • 野崎優樹 (2014). 情動知能の機能に関する実験研究の課題と展望. 京都大学大学院教育学研究科紀要, 60, 481-493. [LINK]
  • 野崎優樹 (2013). 定期試験期間の自他の情動調整行動が情動知能の変化に及ぼす影響. 教育心理学研究, 61 (4), 362-373. [J-STAGE]
  • 野崎優樹・子安増生(2013). 大学入試に対する認知的評価とストレス対処が情動知能の成長感に及ぼす効果. パーソナリティ研究, 21 (3). 231-243. [J-STAGE]
  • 野崎優樹(2012). 自己領域と他者領域の区分に基づいたレジリエンス及びストレス経験からの成長と情動知能の関連. パーソナリティ研究, 20 (3), 179-192. [J-STAGE]

学術論文(英語・査読あり)

  • Nozaki, Y. (2018). Cross-cultural comparison of the association between trait emotional intelligence and emotion regulation in European-American and Japanese populations. Personality and Individual Differences, 130, 150–155. [LINK]
  • Nozaki, Y. & Koyasu, M. (2016). Can we apply an emotional competence measure to an eastern population?: Psychometric properties of the Profile of Emotional Competence in a Japanese population. Assessment, 23, 112-123. [LINK]
  • Nozaki, Y. (2015). Emotional competence and extrinsic emotion regulation directed toward an ostracized person. Emotion, 15, 763-774. [LINK]
  • Nozaki, Y. & Koyasu, M. (2015). Interpersonal emotional intelligence reduces the gap in anger regulation confidence caused by self-other dissimilarity. Psychologia, 58, 49-60. [LINK]
  • Nozaki, Y. & Koyasu, M. (2013). The relationship between trait emotional intelligence and interaction with ostracized others' retaliation. PLoS ONE, 8, e77579. [LINK]
  • Nozaki, Y. & Koyasu, M. (2013). Effects of emotional intelligence on inhibiting retaliation for ostracism in Cyberball. Psychologia, 56, 167-178. [LINK]

カテゴリ

ページのトップへ戻る